名称未設定-1海の文化フロア /   館内2F
海とともに発展してきた漁業のまち香住の「海の文化」を学べるフロア。
漁船模型やジオラマ、漁船の装具品の展示もあり、カニやイカ漁をわかりやすく紹介しています。

名称未設定-2

カニ漁やイカ漁など香住の代表的な漁業を実物資料とパネルで紹介しています。

2fumibunnka

ryou

海の中を表現した立体的な模型とパネルにより、どのように魚を漁獲していくのか説明しています。

mokei1umi

umimokei2

kasumirain

底びき網漁業

●操業期間:9月から翌年5月末
香美町では、19〜125トンまでの底びき網漁船が操業しています。
漁場は、京都府沖から山口県沖までの水深100〜800mの海底に網を入れて船で曵き網します。

ryou1

べにずわいがにかご漁業

●操業期間:9月から翌年6月末
(資源管理のため、6月の1ヶ月間は自主休漁)
19トンの小型漁船で、約1日操業する小型べにかご船と、80トンまでの大型漁船で、4~5日操業する大型べにかご船があり、水深800~1,500mの海底にサバなどのエサを入れたカゴを連ねて沈め、ベニズワイガニを誘い込んで漁獲します。

kaniryou

いか釣り漁業

●操業期間:通年
20トン未満の小型漁船を使用して、集魚灯で集めたスルメイカを自動イカ釣機などを使用して漁獲します。操業範囲は京都府から鳥取県沖を主漁場とし、一部は他府県の許可を取り、スルメイカの魚群を追いかけて一年中日本海沿岸一円で操業します。夏の夜などに見られる漁り火は、沿岸いか釣り漁船の集魚灯の明かりです。

2ffune

定置網漁業

ryou4-2f

●操業期間:通年
海中に網を設置して、ブリ・サバ・アジなどの回遊してくる魚を漁獲します。網にぶつかると沖合に逃げる魚の習性を利用して、回遊している魚の通り道を垣網で遮り、 定置網本体(身網)に誘い込みます。定置網本体を水深27mより深いところに設置する大規模な大型定置網と、沿岸部に設置される小型定置網があります。

●出典:2012但馬の漁業/2008但馬の漁業/但馬漁業協同組合 HP

page top
香美町立 ジオパークと海の文化館
©2014 Geopark&uminobunkakan. ALL Rights Reserved.