納涼の季節の幽霊話

こんにちは~(^_-)-☆ジオパークと海の文化館です。

世間は、コロナ騒動で怖いお話ばかりですが、ひと昔前ならばこの時期の怖いお話と言えば…

そう、幽霊話が納涼に付き物のお話でしたね。

ここ香美町の大乗寺に襖絵など165面を残した江戸期の画家円山応挙も幽霊画を描いています。

実はこの円山応挙、二度の結婚をしています。

一人目の奥さんは大変病弱で早くに亡くなってしまいます。

奥さんがまだ病に伏せている頃、応挙が夜アトリエで制作していますと…

妻が厠(トイレ)に立って廊下を歩いています。

早速絵筆を取り出して、その妻をスケッチし始めます。

頭から描き始める応挙ですが、愛する妻のあまりのか弱さに涙がこぼれて、

足元まで描きあげる事が出来ず、その絵が後の世に知れ渡り、

日本では幽霊・お化けには足のないものが描かれるようになりました。

現在、応挙の幽霊画として確認されているものは、東京の全生庵のものと、

あとはアメリカに渡っています。

全生庵では、毎年この8月1ヵ月間限定で、この応挙の幽霊画を見ることができます。

他の画家の描いた幽霊画とは全く異なる楚々とした女性が(足は無いですが)興味を引きますよ。

お近くの方は是非訪れてみて下さいね。

應舉の幽霊画についてパンフレット

page top
香美町立 ジオパークと海の文化館
©2014 Geopark&uminobunkakan. ALL Rights Reserved.